Skip to Content

news

うめきた・ナレッジキャピタルトライアル2011に参加

8月26日(金)〜28日(日)、大阪・堂島リバーフォーラムにて開催された、「うめきた・グランフロント大阪 ナレッジキャピタルトライアル2011」に参加しました。

一昨年、昨年に引き続き、可視化をキーワードにした集まり「ビズラボ大阪」のメンバーとして、コンテンツ制作で参加。今回は、科学や歴史を学ぶ3D立体映像コンテンツを展示しました。

サイエンスビジュアリゼーションでは、情報通信研究機構と共同で作成した「宇宙天気コンピュータ・グラフィクス」と、理化学研究所と作成した「カメ・ニワトリの発生・進化」の3DCG映像を立体化。目の前に飛び出してくるような迫力ある映像で、多くの人に最先端の科学を伝えることができました。

関西大学と共同開発したのが、「昔の道頓堀バーチャルツアー」。大正〜昭和初期のもっとも賑わっていた時期の道頓堀を、3Dインタラクティブ技術を使って疑似体験するコンテンツです。ゲームコントローラを使って、まるで昔の道頓堀を歩いているように散策し、所々にある道頓堀クイズにもチャレンジ。楽しみながら道頓堀の歴史や魅力を学べると子どもから年配の方々まで幅広い人気を博しました。

また、ビズラボOSAKAブース全体の紹介を行うインフォメーションパネルも制作。ビズラボ大阪ブースの、数多くの展示物の魅力や秘密を、大型タッチディスプレイで来場者に知ってもらいました。

たくさんの皆様のご来場、ありがとうございました。

Cool Japan West/ガチャコン関西に出品します

来る8月26日(金)〜27日(日)に、大阪ステーションシティ5F 時空の広場(ときのひろば)で開催される、「Cool Japan West ガチャコン関西/アニメーション神戸」に出品します。

今回出品するのは「かがくのうた」シリーズの2作品、「ビバ!フィジクス〜今はしあわせ」と「ベニクラゲ音頭」。科学者とミュージシャン・アニメータのコラボによってうまれた、サイエンス・ミュージック・ビデオで、楽しみながら、サイエンスの香りにも触れることができる、ユニークな自信作です!
27日14時〜の「アニメーション神戸」の枠で紹介される予定です。夏休み最後の日曜日、ご家族で大阪ステーションシティにぜひお越しください。

皆様のお越しをお待ちしております。

「エコフロンティア~自然に学ぶ科学技術」配信開始

弊社が企画・制作した科学番組「エコフロンティア~自然に学ぶ科学技術」が、科学技術振興機構のJSTサイエンスチャンネル」で配信されます。

■配信予定(初回配信分のみ)
(1)フナムシの脚に学ぶナノ材料開発
初回配信 5月1日(日)
0:15~0:29 3:15~3:29 6:15~6:29 9:15~9:29 12:15~12:29 15:15~15:29 18:15~18:29 21:15~21:29

(2)ヘビの動きに学ぶ実用ロボット
初回配信 5月15日(日)
0:15~0:29 3:15~3:29 6:15~6:29 9:15~9:29 12:15~12:29 15:15~15:29 18:15~18:29 21:15~21:29

(3)魚の群れに学ぶぶつからない車
初回配信 5月29日(日)
0:15~0:29 3:15~3:29 6:15~6:29 9:15~9:29 12:15~12:29 15:15~15:29 18:15~18:29 21:15~21:29

第4回以降も引き続き配信の予定です。
BS(BS11)での放映も予定されています。

JSTサイエンスニュース配信開始!

「JSTサイエンスニュース」は、独立行政法人 科学技術振興機構が企画・製作を行う、インターネット配信の科学映像ニュースです。科学技術の重要なニュース話題のニュースを、映像で伝えるコンテンツを週2本配信しされる予定です。
弊社ズームスも今年度から制作に参画しています。

同ニュースでは、話題となっている科学技術の解説はもちろんのこと、今年度からは科学技術と社会のつながりも重視し、「社会の中の科学」と言う視点でニュースを制作していきます。
リニューアルされたJSTサイエンスニュースをぜひ御覧ください。

近畿経済産業局のウェブマガジン「E!KANSAI」で、弊社が取り上げられました

近畿経済産業局の月刊電子ブック「E!KANSAI」で、弊社が取り上げれました。

同誌は関西産業に関するプロジェクトなどの旬な話題や、関連施策の情報提供を目的として、近畿経済産業局が毎月発行しているウェブマガジンです。今回の記事では、サイエンスメディアとインフォグラフィクスを基盤に事業を展開する弊社の取り組みや、タッチデスク、タッチウォール、サイエンスニュースネットワーク等の具体的事例を、2ページにわたって紹介していただきました。

詳しくは、「E!KANSAI」を、ぜひご覧ください!