政策研究大学院大学(GRIPS)がすすめる「アカデミアの戦略的ガバナンス研究」は、海外の研究大学および学術研究機関がイノベーションを作り出すためにどのようなマネジメントを行ってきたかに焦点をあて、日本の大学運営制度への提言へつなげる研究プロジェクトです。

その一環として、世界の高等教育機関が年代とともにどう拡大してきたかを可視化しました。アジア、ヨーロッパ、米国、それぞれの地域で、年代とともに高等教育機関がどのようにできてきたかを概観することができる可視化コンテンツです。

「アカデミアの戦略的ガバナンス研究・世界の高等教育機関の変遷」

Custom gallery: no attached images, or only one attached image…